SOUND INSULATION

■防音相談

防音に関するご質問等は、問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

▲ページトップへ

■防音診断

○防音診断による現状把握
防音設計には現状の暗騒音測定、音源測定、残響時間推定、音漏れ等調査が不可欠となります。 これは音源の種類や防音工事を行う建物の構造等の現況を把握したうえで利用者の目的に合った対策を提案するためです。

防音工事は各案件それぞれ施工方法が異なります。 音の問題を解決するためには何が必要なのかを総合的に考慮するコーディネートが必要です。

測定調査について
 ○環境騒音測定
 ○音源音圧レベル測定
 ○現況遮音性能測定
 ○現況残響特性測定等をおこない、現況の把握を行います。

▲ページトップへ

■防音設計について

実際の防音工事は目的に合わせて大きく分けると以下の三種類です。

<防音設計の例>
1)多層構造の隔壁を設けて空間の気密性を高める、『空気伝搬音対策工事』

2)音源振動を構造体に伝わる事を防ぐ、『固体伝搬音対策工事』

3)音の反射性を計算し音場を調整する、『残響時間対策工事』

重要な事は…
防音工事はどんな防音建材を使用するかではなく、防音建材をどのように使用するかという事です。 木造と鉄筋コンクリートの建物では全く防音提案が変わります、画一的な工事方法で防音工事をすると満足出来る結果は得られません。

▲ページトップへ

■音でお困りの時はご相談ください

○ホームシアターや音楽を自宅で楽しみたい。
〇防音工事をしてみたけど効果が感じられない。
〇防音はできているが音響が良くない。
〇防音工事の予算を知りたい。
…など。 防音に関わる事なら何でもご相談いただけます。

防音工事は特別なものではありません。 お気軽にお問合せください。

Copyright © Rdesign. All Rights Reserved.